Schools for Asia

中国のプロジェクトの様子をご覧ください!

ユニクロがClothes for Smilesを通じて支援しているアジア3カ国(バングラデシュ、中国、フィリピン)の教育事業は、ユニセフがアジア各国で実施しているSchools for Asiaイニシアチブの一環として実施されています。

アジアは、さまざまな民族や文化の入り混じった多様な地域ですが、教育の機会を奪われがちな子どもたちの条件は、たとえば、貧困、少数民族、障害、低いカースト、僻地、緊急事態の影響などがキーワードになっています。
Schools for Asiaは、こうした子どもたちに教育の機会を提供することを目指し、「子どもにやさしい学校」を広める活動です。
ユニクロの支援では特に、衛生設備の建設・改善、衛生教育に力を入れています。

手洗いの大切さを教える。清潔なトイレをつくる。
そんな一つひとつの積み重ねから、子どもたちの将来の可能性は確実に広がっていくと考えます。
ユニクロはこれからも、世界の子どもたちの明日を支える活動を続けていきます。

Schools for Asiaサイトはこちら

支援活動を実施している国

「子どもにやさしい学校」とは

「子どもにやさしい学校」とは、安全な水や男女別のトイレと手洗い設備がある、高いスキルを持った教員が子どもたちの参加できる授業を行う、教材や文房具、備品があり、すべての子どもたちが差別なく平等に扱われる、といった条件を満たした学校です。

ユニセフは、すべての子どもたちが学校に通えるようになることを目指して、世界各地で「子どもにやさしい学校」のモデルを広める活動をしています。

unicef