子どものホスピスプロジェクト

夏祭り企画を実施しました!

Report

後日公開

About Project

山の日に子どもたちが夏祭りを楽しみました! Vol.06(2016.5)

8月11日(木)の山の日。TSURUMIこどもホスピス(TCH)では、夏祭りを開催! 前半の部に9家族、後半の部には11家族が集まって総勢69名の方が夏祭りに参加されました。TCHでの初めての夏祭りを開催するにあたり、ユニクロ×大阪芸術大学×TCHのコラボレーションで企画の準備を進めました。

当日、子どもたちが到着すると、ユニクロスタッフによる着付けのご協力をいただき、浴衣とステテコ姿に変身!夏祭り参加の子ども全員にご寄贈いただいた浴衣とステテコに身を包まれ、子どもたちはなんだかみんな得意げな顔でした。

その後、TCHのみんなの中庭にてファッションショーが始まります。音楽に合わせて歩いたりポーズをとったり、バギーの上から決め顔をする楽し気な様子に、大人たちは写真のシャッターを切り続けます。

早く着替え終えた子ども達からUT-me!ブースでのTシャツ作りができたので暇な時間もなくスムーズに進みました。「こうかなぁ?」「何色にしよう?」と言いながら、自分の好きなものや夏らしいおもちゃなどを楽しそうにデザインしていきます。

中庭ではアトラクションとして、大阪芸術大学の学生達による巨大竹スライダーが用意されており、流しそうめんのごとくカプセルに入ったオモチャが流れてきます。スーパーボールすくいやヨーヨー釣りなど、時間いっぱいまで夏祭りを満喫した子どもたち。

参加されたご家族からは、「たくさん楽しみがたくさんあって良かった」「ファッションショーなんて初めてでとてもいい経験になった」「大人の私まで思いっきり楽しんじゃいました!」「Tシャツが出来上がるのが楽しみ」と言った声が聞かれました。

イオンモール鶴見緑地店のユニクロのスタッフの皆さまには、暑い日差しの中、準備から片付けまで一緒にしていただき、本当にありがとうございました。 直接子どもたちと触れ合いながらお祭りを楽しんでいただいている様子を見て、今後ともぜひご一緒に様々なことに取り組んでいけたらな、と感じました。

TCHでは、生命を脅かされる病気を持つ子どもたちとそのご家族がそれぞれの大事な時間を過ごせるような、プログラムやイベントを開催していきます。今後とも子どもたちの笑顔がいっぱいのTCHになるよう楽しい企画を考えていきたい思いでおりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今回のレポート担当:
TSURUMIこどもホスピス ケアスタッフ 伊藤左弥子

みんなからの応援コメント

0 Comments

    100/100

    • Twitterで投稿する
    • Facebookで投稿する