子どものホスピスプロジェクト

命を脅かす病気を持つ子どもたちと家族が、深く生きるための場所をつくる。

Report

後日公開

About Project

大阪市鶴見緑地に誕生! 子どもとご家族のためのホスピス Vol.01(2015.03)

こんにちは! 一般社団法人こどものホスピスプロジェクト代表理事の高場です。Clothes for Smiles公募で選ばれた「子どものホスピスプロジェクト」。約2年の準備期間を経て、難病の子どもたちとご家族のためのホスピス建設に向け、いよいよ動き出しました。これからこのページで、施設オープンまでの軌跡をお伝えしていきますので、是非ご覧下さい。


2015年3月6日、「TSURUMIこどもホスピス建設計画」と題して、記者会見を行ないました。会見には、ユニクロの柳井会長兼社長、日本財団の笹川会長、車いすテニスプレイヤーの国枝選手と豪華な顔ぶれにご登壇をいただきました。当団体からは大阪市立総合医療センターの原先生、多田羅先生、そして私が、多くの報道関係者の前で建設予定の子どもホスピスについてプレゼンをさせていただきました。こうした機会に恵まれたのも、ユニクロの皆様をはじめ、多くの支援者の皆様のおかげです。関係者を代表して心よりお礼申し上げます。


発表させていただいた大阪市の鶴見緑地に建設する子どもホスピスは、生命を脅かされる病気を持つ子どもとご家族が、心から安心して集える場を目指していますが、その最も特徴的な部分を「コミュニティ型」と呼んでいます。これは、行政、医療、福祉などに属性を持たない、民間(地域)がチャリティ活動によって運営を行う姿を指した呼び名です。地域に暮らす隣人が孤独や不安を抱えている。そうした方々に「私に出来ることはありませんか?」と声をかける。そうした優しい地域を生み出そうとしています。


今回、民間企業の代表でもあるユニクロの皆様にご支援をいただくことになりました。また、日本をはじめ世界の社会課題に対し独自の支援を長期間に渡り実施をされている日本財団の皆様にもご支援をいただきました。また、大阪市からは素敵な公園の一角をお借りすることが出来ました。そして私たちの活動には、医師、看護師、保育士、教師、ソーシャルワーカー、ボランティア・コーディネーター、音楽療法士、アロマセラピスト、クリエイター、経営者、各種プロボノなど多様な職域の皆様が、各々のバッジを外し、一市民として対象とする子どもやご家族に寄り添おうとされています。「コミュニティ型の子どもホスピス」とは、企業や支援団体、行政、NPO、地域住民が1つになってフォーメーションすることで、初めて機能する取り組みだと感じています。コミュニティ型の子どもホスピスは、国内で初めての取り組み。これからも良い実践を丁寧に積み上げ、全国に展開可能なモデルとなれるよう、心新たに進めて行きたいと思います。


こうした取り組みがあなたの街にも広がることを心から願っています。


下記のサイト/Facebookでも情報発信を行っておりますので、このプロジェクトについてより詳しく知りたい方は、是非ご活用下さい!


一般社団法人こどものホスピスプロジェクト

http://www.childrenshospice.jp/

TSURUMIこどもホスピス特設サイト

http://kodomohospice.jp/

Facebook(「いいね」をお願いします!)

https://www.facebook.com/childrenshospice.jp

今回のレポート担当:
一般社団法人こどものホスピスプロジェクト 代表理事 高場秀樹

みんなからの応援コメント

0 Comments

    100/100

    • Twitterで投稿する
    • Facebookで投稿する