UNIQLO DREAM WALLプロジェクト

UNIQLO DREAM WALLがいよいよ始動!

Report

後日公開

About Project

「夢の遊び場」を創ろう! Vol.01(2014.10)

皆さん初めまして、特定非営利活動法人ジェン(JEN)の伊藤です。
JENはClothes for Smilesと共に、「UNIQLO DREAM WALLプロジェクト」として、東日本大震災で失われてしまった子どもたちの遊び場、そして地域のつながりを取り戻すため、石巻に「夢の遊び場」を創る計画を進めています。

8月24日、9 月7日の2日間、JENでは「『夢の遊び場』を創ろう!」をテーマにワークショップを行いました。石巻市西部にある広場のなかに、子どもたちが「遊びに行きたい!」と思えるような場所、行くだけでワクワクするような「夢の遊び場」を実現するため、子どもたちや地域の方々のアイデアを集め、実際のプラン作成に取り入れるために開催しました。地域の子どもたちをはじめ、延べ約100名が参加し、賑やかなワークショップになりました。

【第1回ワークショップの参加者】

【広場を訪れ、周りの状況を確認しました。】

8月24日、会場である石巻市立釜小学校の体育館には、約50人の参加者が集まりました。まず、全員で予定地である広場を訪れ、その大きさや位置、周りにあるものなどを確認しました。ワークショップを進行するファシリテーターは、コミュニティデザイナーの山崎亮さんです。班ごとのまとめ役は地元の高校生が、頼りになるお兄さん、お姉さんとして大活躍してくれました。公園から戻った後は、公園の中で、「どんな遊びをしてみたいか」について、体を動かして表現するワークを行いました。

【体をつかってアイデアを表現します。】

【ポラロイドカメラで撮影して、アイデアカードをつくりました。】

カードを班ごとに一枚の模造紙にまとめて、1回目は終了です。

第2回は、前回のアイデアを整理し、モデルとなる建築模型を使いながら、その配置や色、どうやって遊ぶのか、についての意見を出し合いました。

【模型での作業に、子どもたちも夢中!】

グループごとに、「この広場で一日あそぶとしたら、どうするか?」をテーマに模型の配置や色を決め、ストーリーを考え、発表を行いました。これらのアイデアは、建築家の竹内昌義さんがプランとしてまとめあげ、来年春の完成を目指しています。

【グループごとにプランを発表!】

JENでは、「子どもたちが心から遊びたいと思える空間づくり」を地域の住民の皆さんと共に実施することにより、『暮らしやすい街・ずっと暮らしたい街』を地域の方々の手で実現できるよう、このプロジェクトを進めていきます。
今後の進捗をお楽しみに!

今回のレポート担当:
伊藤 拓

みんなからの応援コメント

0 Comments

    100/100

    • Twitterで投稿する
    • Facebookで投稿する

    バックナンバー

    Vol.02(2015年02月)

    「UNIQLO DREAM WALL」プロジェクトに関するお知らせ

    Vol.01(2014年10月)

    「夢の遊び場」を創ろう!