女子サッカープロジェクト

女の子の生きていく力を育てたい! 女子サッカーチームを通じた、
途上国の女の子のエンパワメント。

Report

後日公開

About Project

ジンバブエ、プロジェクト2年目に突入! Vol.15(2015.1)

こんにちは、プラン・ジャパンの曽我です。ジンバブエでの「女子サッカープロジェクト」を担当しています。本プロジェクトは、現在2年目に突入しています。今回は、1年目の活動を振り返りながら、今後の展望についてお話したいと思います。

本プロジェクトでは、プランが「ジンバブエ教育スポーツ芸術文化省のスポーツ・レクリエーション推進委員会」と連携し、YES(Youth Education through Sports)とよばれるスポーツを通じた教育活動を推進しています。

プロジェクトの1年目では、女子サッカーチームを指導するコーチの育成・チーム作りだけでなく、コミュニティの住民や教師など学校関係者等を対象に意識啓発活動を実施し、女の子がサッカーに取り組むことを阻害する要因(たとえば「女の子は静かで、控えめであるべき」「サッカーは男の子のすること」という捉え方)を取り除き、女の子を応援する環境作りに注力しました。

チームスポーツであるサッカーを通じて、目標に向かって辛抱強く取り組んだり、仲間と助け合って困難に立ち向かうなかで、自分の意識や性格の変化を実感する女の子たちが出てきており、自分の意見を堂々と皆の前で発表したり、何でも自分から積極的に行動を起こすようになったという声が報告されています。

すべて順調にいっているか?というと、、、 たとえばコーチ育成という点では、当初、女性教師の参加率が低いという課題がありました。しかし、その後、他校との試合に引率した女性教師が、女の子たちが活躍する姿をみて、本プロジェクトへの関心を寄せています。今後は、女性教師のさらなる参加にも取り組んでいきます。

本プロジェクトが開始した2013年に、YESの全国大会で女子サッカーが、初めて競技種目となりました。今後さらに女子サッカーで活躍する女の子とそれを応援する人たちが増えることで、女性に対する伝統的な考え方にとらわれずに、様々なことに積極的に取り組む女の子が増えることでしょう。

1年目は、合計33チーム、延べ1,590人の女の子が本プロジェクトに参加しました。当初の計画では、サッカー大会(YES)は上半期のみの開催予定でしたが、チームの勢いを失わないように、下半期にもサッカー大会を行いました。1年目の盛り上がりを受け、2年目ではさらに多くの学校が本プロジェクトへの参加に関心を示しています。また、1年目ではチーム作りが間に合わなかった、中途退学の生徒によるチームも参加を予定しています。

参加校が増えれば、大会もさらに盛り上がりますが、サッカー技術の向上や試合結果だけにこだわるのではなく、女の子の内面の変化や周囲の変化が一層広まるよう、活動に取り組んでいきます。

今回のレポート担当:
曽我 建太

みんなからの応援コメント

0 Comments

    100/100

    • Twitterで投稿する
    • Facebookで投稿する

    バックナンバー

    Vol.25(2016年11月)

    ジンバブエでのガールズキャンププ

    Vol.24(2016年5月)

    ガーナのアッパーウェスト州でのガールズキャンプ

    Vol.23(2016年8月)

    バングラデシュでのライフスキルトレーニング!

    Vol.22(2016年7月)

    ラジシャヒ管区でサッカー大会を開催しました!

    Vol.21(2016年5月)

    バングラデシュでの強化合宿!
    強化合宿の様子や、周りのサポートについてお伝えします!

    Vol.20(2015年12月)

    ガーナサッカー協会登録チームのインタビュー

    Vol.19(2015年7月)

    バングラデシュで新たなサッカープロジェクトが始まりました!

    Vol.18(2015年6月)

    ガーナ女子ナショナルチーム(U-17)に選抜された選手のインタビュー

    Vol.17(2015年5月)

    ガーナサッカー協会登録チームが誕生!Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.16(2015年3月)

    サッカーと友人と勉強と。 Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.15(2015年1月)

    ジンバブエ、プロジェクト2年目に突入!

    Vol.14(2014年12月)

    私たちのコミュニティにもサッカーのフィールドができる!Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.13(2014年11月)

    決勝戦でのエール:Report from ガーナ現地スタッフ

    Vol.12(2014年10月)

    たかがサッカー、されどサッカー

    Vol.11(2014年9月)

    自分の新たな一面を見つけた女の子:Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.10(2014年8月)

    サッカーは男の子がするもの?!Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.09(2014年7月)

    女の子から変化の声が! Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.08(2014年6月)

    コーチも女性が大活躍! Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.07(2014年5月)

    選手のお宅訪問! バングラデシュレポート(2)

    Vol.06(2014年4月)

    バングラデシュ 準決勝レポート

    Vol.05(2014年3月)

    試合後の「ガールズ・トーク」ガーナ大会レポート(2)

    Vol.04(2014年2月)

    女の子のエネルギーが周囲にも伝わって…ジンバブエ訪問レポート(2)

    Vol.03(2014年1月)

    男子顔負けの熱い戦い!ガーナ大会レポート

    Vol.02(2013年12月)

    なぜ途上国でサッカー?ジンバブエ訪問レポート

    Vol.01(2013年11月)

    サッカー全国大会開催間近!