女子サッカープロジェクト

女の子の生きていく力を育てたい! 女子サッカーチームを通じた、
途上国の女の子のエンパワメント。

Report

後日公開

About Project

私たちのコミュニティにもサッカーのフィールドができる!Report fromガーナ現地スタッフ Vol.14(2014.12)

こんにちは、プラン・ガーナのビスマルク・クォテーです。プラン・ガーナ国統括事務所で「女子サッカープロジェクト」を担当しています。今回は、イースタン活動地域内にあるティンバーンクワンタ・コミュニティでの話題をお伝えします。

同コミュニティには、学校やコミュニティをベースとしたサッカーチームがいくつかありますが、コミュニティ内には、サッカーを含めたスポーツ大会を行える場所も施設もありません。普段は学校の敷地内の小さなグランドで練習をしています。サッカー大会などのスポーツイベントは全て近隣の他のコミュニティで行われています。近隣と言えども、数キロから10キロ以上離れた会場まで徒歩で向かわなければならないため、選手も応援に駆けつけるコミュニティの住民にとっても毎回の移動が大きな負担です。

この様子を見ていたティンバーンクワンタ・コミュニティのチーフ(首長)と年長者たちは、「女子サッカープロジェクト」が始まって間もなく、サッカーのフィールド用に土地を提供しましょう、と申し出てくれたのです。つまりこれは、コミュニティ全体で「女子サッカープロジェクト」を正式に受け入れて応援しますよ、という熱いメッセージなのです。サッカーに励む女の子たちはどれほど勇気づけられ、自信を深めたことでしょう。

しかし、提供された土地は、まだ大木や切り株で覆われた状態にあるため、フィールドにするには大掛かりな整地作業が必要です。次期リーグ予選に使えるようにするために、コミュニティの元教師が中心となり、郡議会や道路を管理している行政機関に対してブルドーザーなどの建機を整地作業用に貸し出すように要請しました。また、ガーナサッカー協会州支部に対しても、グランド敷地境界線の設定やフィールドを公式仕様にするための支援を要請しました。

自分たちのコミュニティにサッカーのフィールドをつくるという夢をかなえるために、コミュニティの住民はプラン・ガーナにも相談し、ゴールポストが支給されることになりました。コミュニティの住民たちは、フィールドが完成する日を心待ちにしながら、ガーナサッカー協会州支部や教育省、プラン・ガーナとも協力し、「女子サッカープロジェクト」の成功を目指して頑張っています。

一方で、女子サッカーチームの女の子たちは、2014年12月に始まる予選リーグの試合に向けて親善試合に臨んでいます。

今回のレポート担当:
ビスマルク・クォテー

みんなからの応援コメント

0 Comments

    100/100

    • Twitterで投稿する
    • Facebookで投稿する

    バックナンバー

    Vol.25(2016年11月)

    ジンバブエでのガールズキャンププ

    Vol.24(2016年5月)

    ガーナのアッパーウェスト州でのガールズキャンプ

    Vol.23(2016年8月)

    バングラデシュでのライフスキルトレーニング!

    Vol.22(2016年7月)

    ラジシャヒ管区でサッカー大会を開催しました!

    Vol.21(2016年5月)

    バングラデシュでの強化合宿!
    強化合宿の様子や、周りのサポートについてお伝えします!

    Vol.20(2015年12月)

    ガーナサッカー協会登録チームのインタビュー

    Vol.19(2015年7月)

    バングラデシュで新たなサッカープロジェクトが始まりました!

    Vol.18(2015年6月)

    ガーナ女子ナショナルチーム(U-17)に選抜された選手のインタビュー

    Vol.17(2015年5月)

    ガーナサッカー協会登録チームが誕生!Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.16(2015年3月)

    サッカーと友人と勉強と。 Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.15(2015年1月)

    ジンバブエ、プロジェクト2年目に突入!

    Vol.14(2014年12月)

    私たちのコミュニティにもサッカーのフィールドができる!Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.13(2014年11月)

    決勝戦でのエール:Report from ガーナ現地スタッフ

    Vol.12(2014年10月)

    たかがサッカー、されどサッカー

    Vol.11(2014年9月)

    自分の新たな一面を見つけた女の子:Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.10(2014年8月)

    サッカーは男の子がするもの?!Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.09(2014年7月)

    女の子から変化の声が! Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.08(2014年6月)

    コーチも女性が大活躍! Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.07(2014年5月)

    選手のお宅訪問! バングラデシュレポート(2)

    Vol.06(2014年4月)

    バングラデシュ 準決勝レポート

    Vol.05(2014年3月)

    試合後の「ガールズ・トーク」ガーナ大会レポート(2)

    Vol.04(2014年2月)

    女の子のエネルギーが周囲にも伝わって…ジンバブエ訪問レポート(2)

    Vol.03(2014年1月)

    男子顔負けの熱い戦い!ガーナ大会レポート

    Vol.02(2013年12月)

    なぜ途上国でサッカー?ジンバブエ訪問レポート

    Vol.01(2013年11月)

    サッカー全国大会開催間近!