女子サッカープロジェクト

女の子の生きていく力を育てたい! 女子サッカーチームを通じた、
途上国の女の子のエンパワメント。

Report

後日公開

About Project

自分の新たな一面を見つけた女の子:Report from ジンバブエ現地スタッフ Vol.11(2014.9)

こんにちは。プラン・ジンバブエのムクンブズィ・ヌクベ です。今回はプロジェクトに参加している女の子やその家族の様子を紹介します。

ナターシャ は小学校6年生。両親ともに遠方で働いているため、祖母と一緒に暮らしています。祖母の家には、兄妹と従兄4人の子どもがいます。従兄は、かつて小学校のサッカーチームで活躍していたので、家にいるときは子どもたち皆でボール遊びをしました。ナターシャがサッカーに興味を持つきっかけとなりました。

他の女の子同様、最初は勧められて女子サッカーチームに入ったナターシャも、すぐに1軍の選手に選ばれるために、一生懸命練習に励むようになりました。その甲斐あって、地区大会に出場するスターティングメンバーに選ばれ、彼女のチームは地区大会を勝ち抜き、見事州の代表として全国大会に出場しました。

ナターシャは、サッカーをするようになって、自分がまるで別人のように変わったと感じています。かつては内気な性格でしたが、チームメイトとの交流が彼女の心を開きました。難しいことに直面するとすぐに諦めがちだったのが、今では目標に向かって辛抱強く挑み続けることを学びました。

彼女の変化はサッカー以外でも見受けられます。自分の意見を皆の前で発表するということは、以前の彼女からは考えられないことでしたし、友人を作ることも得意ではありませんでした。サッカーの練習を休みたくなかったので、学校を休まなくなり、色んなことに積極的に取り組むようになりました。

ナターシャが受けたもうひとつの恩恵は、出生登録証を手に入れたことです。大会に出場するためには公的な身分証明の提示が必須だったため、学校と村長が関係機関に働きかけて、速やかに発行されました。チームメイトのなかには、医療機関に記録が残っていないために出生登録証がすぐに発行されないケースもありましたが、チームメイト同士が経験を共有し、どうしたらうまくいくかを話し合ったり、困っている時に仲間を助け合うことを学びました。

ナターシャの祖母は、彼女に同じ志をもった友人ができたことをとても喜びました。サッカーチームに参加することや試合でいろんな地域を訪れることが彼女によい影響を与えていると理解を示す一方で、「サッカーをしているときのあの子はまるで男の子のようだわ」とも言っています。意識の深いところにあるものの見方は、そう簡単には変わりません。でも、小さな変化の積み重ねが、社会を変えていく大きな力につながると信じています。

今回のレポート担当:
ムクンブズィ・ヌクベ

みんなからの応援コメント

0 Comments

    100/100

    • Twitterで投稿する
    • Facebookで投稿する

    バックナンバー

    Vol.25(2016年11月)

    ジンバブエでのガールズキャンププ

    Vol.24(2016年5月)

    ガーナのアッパーウェスト州でのガールズキャンプ

    Vol.23(2016年8月)

    バングラデシュでのライフスキルトレーニング!

    Vol.22(2016年7月)

    ラジシャヒ管区でサッカー大会を開催しました!

    Vol.21(2016年5月)

    バングラデシュでの強化合宿!
    強化合宿の様子や、周りのサポートについてお伝えします!

    Vol.20(2015年12月)

    ガーナサッカー協会登録チームのインタビュー

    Vol.19(2015年7月)

    バングラデシュで新たなサッカープロジェクトが始まりました!

    Vol.18(2015年6月)

    ガーナ女子ナショナルチーム(U-17)に選抜された選手のインタビュー

    Vol.17(2015年5月)

    ガーナサッカー協会登録チームが誕生!Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.16(2015年3月)

    サッカーと友人と勉強と。 Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.15(2015年1月)

    ジンバブエ、プロジェクト2年目に突入!

    Vol.14(2014年12月)

    私たちのコミュニティにもサッカーのフィールドができる!Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.13(2014年11月)

    決勝戦でのエール:Report from ガーナ現地スタッフ

    Vol.12(2014年10月)

    たかがサッカー、されどサッカー

    Vol.11(2014年9月)

    自分の新たな一面を見つけた女の子:Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.10(2014年8月)

    サッカーは男の子がするもの?!Report from ジンバブエ現地スタッフ

    Vol.09(2014年7月)

    女の子から変化の声が! Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.08(2014年6月)

    コーチも女性が大活躍! Report fromガーナ現地スタッフ

    Vol.07(2014年5月)

    選手のお宅訪問! バングラデシュレポート(2)

    Vol.06(2014年4月)

    バングラデシュ 準決勝レポート

    Vol.05(2014年3月)

    試合後の「ガールズ・トーク」ガーナ大会レポート(2)

    Vol.04(2014年2月)

    女の子のエネルギーが周囲にも伝わって…ジンバブエ訪問レポート(2)

    Vol.03(2014年1月)

    男子顔負けの熱い戦い!ガーナ大会レポート

    Vol.02(2013年12月)

    なぜ途上国でサッカー?ジンバブエ訪問レポート

    Vol.01(2013年11月)

    サッカー全国大会開催間近!